注目のニュース

大阪市の学校統廃合を考える学習・交流集会(中止)

 

大阪市の学校統廃合を考える学習・交流集会は中止します。

学校の統廃合にかかわる2つの陳情署名にご協力を

「生野区西部地域学校再編整備計画(案)」に関し、地域、保護者の合意を尊重し、強引な手法をとらないことを求める陳情書

【陳情項目】
1、「生野区西部地域学校再編整備計画(案)」に関し、地域、保護者の合意を尊重し、強引な手法をとらないことを求めます。

2、地域、保護者の合意が得られていない現状での、「生野区西部地域学校再編整備計画(案)」に関する予算案を遂行しないこと求めます。

 

[PDF]生野区西部地域学校再編に強引な手法をとらないことを求める陳情書

 

子どもと教育、地域にとって大切な学校の統廃合について、保護者・地域・住民との合意形成を突然放棄し、学校つぶしを強行する条例制定を行わないことを求める陳情書

(陳情項目)
1.保護者・地域・住民との合意形成を放棄し、学校統廃合を強行する条例を制定しないこと。
2.少人数学級実現、教職員増など教育条件を改善すること。

 

[PDF]学校統廃合を強行する条例を制定しないことを求める陳情書

「都構想」を強引に進める大阪維新の会と公明党に抗議する

明るい民主大阪府政をつくる会、大阪市をよくする会は、26日の府市「法定協議会」で、「大阪市廃止・解体」をめざす「都構想」特別区設置協定書の「基本方向」が大阪維新の会、公明党によって採択されたことについて、以下の談話を発表しましたので紹介します。


明るい民主大阪府政をつくる会
     事務局長 荒田 功
大阪市をよくする会     
     事務局長 福井 朗


「都構想」を強引に進める大阪維新の会と公明党に抗議する(談話)


 大阪「都構想」の制度設計を話し合う法定協議会は12月26日、「制度案の大枠」について起立採決が行われ、過半数を占める大阪維新の会と公明党の賛成で決定された。


 「明るい民主大阪府政をつくる会」(以降、「明るい会」)と「大阪市をよくする会(以降、「よくする会」)」は、市民不在の中で採決を強行した大阪維新の会と公明党に対して厳しく抗議するものである。


 採決に際し大阪維新の会の山下昌彦市議は「いま大阪は松井、吉村の意思決定の一致で大きく成長した」とし、「完全に一元化すれば、また基礎自治体の効率的な運営ができれば大阪は世界に名だたる副首都になる」と賛意を表明。


 また、公明党の肥後洋一朗府議は「党としてより良い案にするため、①住民サービスを低下させない、②設置コストを最小限に、③現区役所機能の維持、④すべての「特別区」に児童相談所の設置という4つの改善点を主張し、反映された」と賛成理由を述べた。


 一方、自民党の川嶋広稔市議は、「特別区」移行後のリスクが示されず、大阪の成長の効果額も具体的に反映していないことなどを批判。さらに、住民サービスの低下を指摘し、「特別区」制度案は府民、市民双方に利益にならないとして反対を表明した。


 共産党の山中智子市議は「都構想とはただただ大阪市をつぶし、市の権限と財源を府に取り上げるもの」とその本質を指摘し、「全国第2の政令市を取り潰すのは地方分権の流れに逆行する最悪の地方自治破壊の暴挙である」と厳しく批判した。さらに、4つに分割して設置される「特別区」では市町村の基幹税である固定資産税や法人市民税が府に上がり、自主財源が減ること、自ら水道も運営できないこと、消防組織も持てないことなど一般市に満たない半人前の自治体に成り下がると主張。「都構想」=大阪市廃止・分割はまさに百害あって一利なしであると反対を表明した。


 「明るい会」と「よくする会」は、改めて大阪維新の会と公明党の住民無視の暴挙に抗議し、「都構想」NOの世論を拡げ、住民投票が実施されれば、必ず勝利するため全力を挙げることを表明する。

『明るい民主府政』No.840 カジノなんて大阪にいらん!

『明るい民主府政』No.840 カジノなんて大阪にいらん!

カジノなんて大阪にいらん!

 

カジノよりも防災を

 

 地震・津波・豪雨・台風への備えが優先です!

[PDF]『明るい民主府政』No.840 2018年10月 1面

[PDF]『明るい民主府政』No.840 2018年10月 2面

『明るい民主府政』第836号 大阪市なくしたらアカン! そやね!5・17府民のつどい

明るい民主大阪府政をつくる会機関紙『明るい民主府政』第836号は、「大阪市なくしたらアカン! そやね!5・17府民のつどい」の様子を報道しています。

【1面】

笑顔、活気あふれる大阪 つくるのはみんなの共同
大阪市なくしたらアカン! そやね!5・17府民のつどい
 ゲストのみなさん 記念講演 リレートーク
維新府政10年 低迷する大阪 貧困! 失業! 低賃金!

【2面】

9条改憲、政治の私物化をすすめる
安倍政権と維新府政の責任は重大!

はじまりは大阪から 森友の不可解な流れ
 肝心な部分はほとんど「墨塗り」

カジノはキケン それでもやるの?カジノ誘致

  

[PDF]2018/5/24発行 『明るい民主府政』第836号1面

[PDF]2018/5/24発行 『明るい民主府政』第836号2面

明るい民主府政 809号(ダブルの焦点 まるわかり)

明るい会が機関紙「明るい民主府政 809号(ダブルの焦点 まるわかり)」を発行しました

   

[PDF]2015/11/05発行 機関紙 明るい民主府政 809号(ダブルの焦点 まるわかり)

 


「明るい民主大阪府政をつくる会」はこちら
(略称 明るい会)

大阪をよくする会機関紙第402号 大阪市を残し、よりよい街へ Q&A 市長選版

大阪市をよくする会は「住民投票で示された思い生かし、大阪市を残し、よりよい街に 大阪ダブル選挙Q&A市長選版」を発行しました。

   

大阪をよくする会機関紙第402号 

[PDF]大阪ダブル選挙Q&A市長選版p1p8

 

[PDF]大阪ダブル選挙Q&A市長選版p2p3

 

[PDF]大阪ダブル選挙Q&A市長選版p4p5

 

[PDF]大阪ダブル選挙Q&A市長選版p6p7

 

大阪市営交通の会が「緊急提案」を発表しました

 地下鉄民営化に反対してとりくみをすすめている大阪市営交通の会が「緊急提案」を発表しました。大阪市をよくする会に緊急提案を寄せられましたので資料として提供します。

 

[PDF]大阪市営交通の会「緊急提案」

 

[PDF]大阪の地下鉄料金は下げられる…東京地下鉄との比較

 

[PDF]地下鉄主要項目_他社との比較

 

政令市廃止「検討」回答はゼロ 都構想で市長アンケート

大阪市を廃止して五つの特別区に分割する「大阪都構想」の住民投票(17日実施)に先立ち、共同通信社が同市以外の19政令指定都市の市長を対象に4日までに実施したアンケートで、市の廃止・分割の意向があったり検討したりしているとの回答はゼロだった。二重行政の最も有効な解消策を聞いた質問でも、政令市の権限を強化する「特別自治市」と答えた市長15人に対し、廃止・分割はゼロで、市の権限強化を目指す動きが主流であることが浮き彫りになった。

 市の廃止・分割への意向を聞いた質問で、「やりたい」「やりたいが、難しい」を選んだ人はともにゼロ。「やりたくはない」が10人だった。

2015/05/04 17:19   【共同通信】

「大阪市の廃止・解体に反対する」意見表明に、各界、各分野の方々から賛同、メッセージが寄せられています。

 大阪市をよくする会は、4月29日、各界、各分野で活躍する方々に、「大阪市の廃止・解体に反対する」との意見表明への賛同を呼びかけました。次の方々から賛同とメッセージを頂きましたので紹介します。 (公表可の方、50音順、敬称略)

 (5月20日追加)

 [PDF]「大阪市の廃止・解体に反対する」意見表明 

全大阪生活と健康を守る会のパンフがよくわかると好評です

大生連パンフ

[PDF] 「大阪都」構想は「大阪市廃止・くらし破壊」構想

国民健康保険・介護保険・生活保護・市営住宅はどうなる?

 全大阪生活と健康を守る会のホームページはこちら

大阪市分割・特別区設置で大阪の文化は再生するのか

大阪市分割・特別区設置で大阪の文化は再生するのか
「都構想」にいくつかの疑問あり

 大阪文化団体連合会は「いろいろな疑問に対する十分な議論も無いまま、二者択一で二度と戻れない大阪市の廃止、特別区の設置を拙速に決めるのではなく、創造、普及、鑑賞など文化芸術に関わる市民の声が届き、大阪文化の再生・振興につながる行政となるよう求めて、集めた意見を発表します。」と発表しました。

[PDF]「都構想」にいくつかの疑問あり(大阪文団連)