市民の要求と運動

いのちとくらし

万博の公衆衛生問題はブラックボックス

万博の公衆衛生問題はブラックボックス
保健所を守る大阪市民の会が万博トーク

 

 6月4日、保健所を守る大阪市民の会は第25回総会と万博における公衆衛生問題についての万博トークを行いました。

 

 はじめに、藤永延代さんから公衆衛生問題に絞った万博を巡る動きについて報告がありました。メタンガス濃度5%で爆発の危険性があり、1.5%では労働安全衛生法上でこれ以上では働かせてはいけないという基準だが、昨年夏の調査では排気口6本が5%以上、1.5%以上のところが24本もあったと指摘。また、国立感染症研究所が発表したリスク評価では、万博開催時期は食中毒・豪雨・台風・猛暑の影響を受けるとともに、感染症を媒介する蚊や昆虫等の生息しやすい環境が作られることから注意が必要であることが示されました。

 会場内の水道問題

 幹事の中村寿子さんから、水道の問題で報告がありました。
 水には手洗いの他に食品や食器洗い、噴水や流水などがあるがいずれも塩素がなければ困るが、果たして蛇口まで決められて塩素が保てるのか。また、水道管の配管の仕組みについて、トラブルがあった時のために配水池を複数設置し、網の目状に配管することが基本であると説明。また、トラブルが起きた時に、大阪市の現業職員が減らされベテラン職員が少なくなった中で対処できるのか疑問があるとのことでした。

医療救護施設の懸念

 医療の問題では、守る会の会長でもある保険医協会副会長、高本英司先生から報告がありました。万博会場で発生した患者は愛知万博の際に、8カ所の医療救護施設で1日当たり来場者1000人に1人と言われている。大阪万博でその基準で計算すると来場者1日28万人想定で280人となるが、大阪万博は環境も悪いためもっと多くなるのではないかとの懸念が示されました。

 

 また、万博にむけて医療救護協議会が設置されているが、半年に1回の開催で、しかも大阪府医師会が途中から参加していない、大変な検討がいる課題だが前に進んでいるとは思えないことを話されました。

 会議内容は非公表

 最後に守る会の橘波事務局長から、万博協会で設置されている医療救護協議会等の会議の内容はいずれも非公表であり、公衆衛生問題含め知らされなければならないことが知らされずブラックボックス化していると指摘。

 4月7日提出の「万博における公衆衛生にかかる要請書」の回答があり次第、公衆衛生問題について交渉を行い、追及していくとの表明がありました。

[PDF]万博における公衆衛生にかかる要請書

大阪市内24区に新型コロナウイルス検査施設の設置などコロナ感染対策の強化を求める陳情書

大阪市会議長 ホンダ リエ 様

202 年 月 日

 

大阪市内24区に新型コロナウイルス検査施設の設置などコロナ感染対策の強化を求める陳情書

 

[PDF]大阪市内24区に新型コロナウイルス検査施設の設置などコロナ感染対策の強化を求める陳情書

 

【陳情趣旨】

 

 全国で新型コロナウイルスの感染者が急増しています。とりわけ大阪市は、人口が大阪府内の3割のと
ころ、陽性者数・死者数で半数以上を占めています。

 

 大阪市は昼間人口が近隣市に比べとびぬけて多い「勤務地」であると同時に近畿の産業拠点であり、商業、サービス業の拠点が市内各所に点在しています。地域の実態に即した「大阪市型」の対策強化が緊急に必要であると考えます。

 

 大阪市民や市内勤務者からの「発熱したがどうしたらいいのかわからない」という切実な声を受け止、大阪市24区それぞれに、身近に検査を受け入れる体制の確立と地域の事情に精通した対応を行うことが求められています。また、医療機関、介護事業、保育園、幼稚園、学校などの職員や入所予定者などへのPCR検査の実施はそれらの社会的インフラを継続的に維持するために重要です。

 

 医師が必要と判断したときや濃厚接触者になった場合など、検査が必要な人が速やかにPCR検査を受けることができるよう24区それぞれにPCR検査センター(仮称)の設置が求められます。

 

【陳情項目】

 

1.大阪市24区全てに、PCR検査センター(仮称)を設置すること。

 

2.医療機関、介護・福祉施設、保育園、幼稚園、学校などの職員・業者・利用者のPCR検査を定期的に行うこと。

 

3.保健所の体制を強化すること。

大阪民医連は大阪市廃止・分割に反対です

大阪民医連がリーフを作成しました。

COVID-19の教訓からコロナに負けない大阪市に

大阪市廃止でなく「いのち」を守る政治を

 

   

 COVID-19の教訓からコロナに負けない大阪市に

大阪市廃止でなく「いのち」を守る政治を