発行物・宣伝物

よくする会機関紙427号 2020年6・7月 いま必要なのは、コロナ対策!


【1面】

いま必要なのは、コロナ対策!
なのに「住民投票」?

・コロナ対策がなにもない「協定書案」
・十分な説明・議論ができない
・住民に対立持ち込む!
「住民投票は中止を」の声を大きく広げましょう!

【2面】

あるのに、なぜ使わないの?! 大阪市の貯金(基金)

貯金(財政調整基金)1300億円を活用し 第二波に備えよう!
新型コロナ対策 大阪市・堺市 際立つ貧弱さ
課題は明確 大阪市のやる気が問題です!
急ぐべきは「新型コロナ」対策
大阪市廃止のための住民投票中止を!

   

 大阪市をよくする会機関紙427号 2020年6・7月 1面
 大阪市をよくする会機関紙427号 2020年6・7月 2面

 大阪市をよくする会機関紙427号 2020年6・7月版下用白黒版1面

 大阪市をよくする会機関紙427号 2020年6・7月版下用白黒版2面

急ぐべきは「新型コロナ」対策、大阪市廃止のための住民投票中止の声を広げよう!

急ぐべきは「新型コロナ」対策、大阪市廃止のための住民投票中止の声を広げよう!

2020年6月19日

明るい民主大阪府政をつくる会 事務局長 荒田 功
大阪市をよくする会 事務局長 福井 朗

 本日(6月19日)、大阪府・市の大都市制度(特別区設置)協議会(法定協議会)は、大阪市を廃止し特別区を設置する制度案(協定書案)を維新の会、公明、自民の一部の賛成多数で可決しました。

 この協定書案はコロナ以前に作成されたものであり、コロナ対策についての記述はなく、大阪府・市の財政見通しへのマイナス影響もなんら考慮されていません。しかも、4月、5月に開けなかった「出前協議会」に代えて実施された意見募集には2376件の市民の意見が寄せられ、そのほとんどが反対意見であったことを無視して可決を強行、11月にも住民投票を行おうとしていることは断じて容認できません。

 新型コロナウイルスの感染拡大が、暮らしと営業を壊し、医療や介護・福祉の分野にも深刻な影響を及ぼしています。倒産・廃業や生活保護申請の増加とともに、「必ず来る」と警告される第2波、第3波が大阪経済へのさらなる打撃を与えることは確実です。

 今、求められるのは、生活苦や営業継続の困難に直面する人たちへの支援であり、医療・介護関係者への財政支援を基礎にして、幅広い分野と力を合わせて第2波に備えることです。

 大阪市が廃止されれば二度と元に戻れないだけに、市民への十分な説明と議論が保障され、市民が制度を理解したうえで判断することが求められます。いまコロナ感染の第2波が危惧されるなかで開催が義務付けられている住民説明会の開催が確約できないなど、十分な説明と議論が保障できない状況で住民投票は行うべきではありません。

 しかも、コロナ対策にはすべての住民が力を合せて協力することが必要です。そんなときに、前回の住民投票のような対立・分断を住民の間に持ち込んではなりません。

 大阪市廃止・分割構想(「都構想」)のねらいは、大阪府と大阪市の財源を大阪市域の大型開発に集中投資するもので、これまで大阪市外に投資されていた財源を含め、大阪市以外の自治体の権限と財源の集中も進みます。これは、大阪府が住民の暮しを支える地方自治体の役割を放棄し変質することであり、大阪市民の住民サービス低下だけでなく、大阪市以外の自治体に悪影響を及ぼすものです。

 両会は、大阪市廃止・分割構想(「都構想」)の是非や賛否での意見の違いがあっても、今、やるべきは「新型コロナ」対策の強化であり、大阪市を廃止することではないとの意見が多数だと確信します。そして「住民投票は中止を」の声を大きく広げることを呼びかけます。

以 上

大阪市廃止のための住民投票中止の声を広げよう!

「都構想」中止!コロナ対策に集中を!請願署名

大阪市・松井市長は
「都構想」中止!コロナ対策に集中を
請願署名を広げてください!

 多くの政令指定都市では、市独自の事業として様々なコロナ対策を行っていますが、大阪市は、学校給食費や子ども一人1台のパソコン支給以外ほとんど何もしていません。
こんな中で、法定協議会を開き(6月11日と19日)、「住民投票」の実施をごり押ししようとしています。

「大阪市つぶし」今やる時?

 大阪市をよくする会は、「協定書」を決定するという第35回法定協議会(6月19日開催)に向けて、「都構想は中止!コロナ対策に全力を!の個人請願にとりくみます。
 請願への署名をお願いします。まわりの人にも呼びかけてください。
 大阪市民に限らず、全国どなたでも請願できます

[PDF]請願署名呼びかけビラ

[PDF]請願書用紙(1人用)ダウンロード

[PDF]請願書用紙(5人連記用)ダウンロード

よくする会機関紙426号 2020年5・6月 最優先はコロナ対策

【1面】

最優先はコロナ対策

1491億円の「基金」活用で、先手の対策を
 1 医療・介護・教育の体制充実
 2 コロナ布教への支援策を
 3 3密防ぐ避難所など 災害対策を

【2面】

こんなときに 大阪市なくすの?!

 インバウンド頼みは見直しが必要
 コロナ以前につくった「協定書案」は使い物にならない
 公明党の「要望」で協定書案 さらにボロボロ
財政調整基金などを活用し コロナ緊急対策を

よくする会機関紙426号1面   

[PDF] 大阪市をよくする会機関紙426号 2020年5・6月 1面
[PDF] 大阪市をよくする会機関紙426号 2020年5・6月 2面

よくする会機関紙424号 2019年10月 大阪に「悪夢」を呼び込むカジノいらん!

【1面】

大阪に「悪夢」を呼び込む
カジノいらん!

【2面】

「大阪市廃止」について考えましょう

 

[PDF] 大阪市をよくする会機関紙424号 2019年10月 1面
[PDF] 大阪市をよくする会機関紙424号 2019年10月 2面

よくする会機関紙423号 2019年4月5日 大阪市を廃止する「都構想」ストップ

【1面】

大阪市を廃止する「都構想」ストップ

 

市民共同の力で大阪の自治を守ろう
-元市議の訴えから

 

・「都構想」の議論に終止符を
・子どもたちの笑顔あふれる大阪市に
・大阪のモノづくりの魅力を世界に発信
・270万人の代表として市民の声にしっかり耳を傾けます

 

【2面】

「都構想」議論、きっぱり終結を!

・まともに論戦できないの?
・カジノよりくらし・防災を!
・夢洲は市民に役立っています!

 

  
[PDF] 大阪市をよくする会機関紙423号 2019年4月5日 1面
[PDF] 大阪市をよくする会機関紙423号 2019年4月5日 2面

よくする会機関紙422号 2019年4月4日 大阪市解体ノー 市民の代表へ

【1面】

 

平松邦夫さんおおいに語る
大阪市解体ノー 市民の代表へ
 -元市議さんに大きな期待!-

 

・すばらしい元市議に期待
・大阪市政に最適の人
・市民のため最も忙しくしてください
・大阪市はなくさせません
・万博誘致に反対した事実はありません
・教育現場の疲れ 劣化が一番心配
・公募校長制度は廃止を
すべての市民の声に耳を傾ける元市議さんに大きなご支援をお願いします。

 

【2面】

 

ファクトチェック

 

・大阪の成長 市民に成長の実感なし
・夢洲 夢洲は立派に役立ってます
・二重行政 WTCはバブルに踊った政策の失敗です
・カジノ リスクは「効果」の約5倍!
・大阪都構想 大阪市はなくなりバラバラになります
・地下鉄トイレ 平松市長在職時の計画でした!

 

  

[PDF] 大阪市をよくする会機関紙422号 2019年4月4日 1面
[PDF] 大阪市をよくする会機関紙422号 2019年4月4日 2面

明るい民主府政 No.855 2019年4月4日

【1面】

大阪を変えたい!! みんなで力をあわせよう

 

あまりにひどい維新政治。
一人ひとりが、自分の思いで行動しています。
「都構想」を終わらせ、「維新政治」を変える共同を「野合」とはいいません。
成長をわかち合える大阪を

・すべての人に思いやりのある大阪に
・安心して暮らせる大阪に
・子どものすこやかな成長を保障する 女性幹部の積極登用
・カジノより家族で食べるごはん
・維新政治こりごり 魅力ある町づくりを

 

【2面】

 

維新vs反維新 大阪ダブル選挙の論戦ハイライト

 

そもそも「ダブル」って 公職を放り出し、政治を私物化
「都構想」 大阪市を廃止・解体する「都構想」には断固反対
大阪の成長 「成長をわかち合える大阪」
IR(カジノ) 府民の理解を得ることが重要 有無を含めて考える
府・市の役割 府も市も住民に責任を負う 住民の代表
府民の共同 自民から、共産まで支援

 

一人ひとりの選択で「明日の大阪」が決まります。

 

  
[PDF] 明るい民主府政 No.855 2019年4月4日 1面
[PDF] 明るい民主府政 No.855 2019年4月4日 2面

明るい民主府政 第854号 2019年4月3日

【1面】

 

元副知事とともに女性にやさしい大阪を

 

元副知事の約束
 女性幹部の積極登用
 小中学校の給食無償化
 女性が働ける環境づくり

 

【2面】

 

大きな関心を呼ぶ大阪ダブルのたたかい
大阪の明日への選択 クッキリうかぶ3つの違い

 

(反維新)「都構想」をきっぱり終結させる
(維新)中身もやり方も破たん、「都構想」をゴリおし

(反維新)子どもの教育、防災、中小企業支援すすめる
(維新)「カジノ」「都構想」ありき 福祉・医療・防災は二の次に

(反維新)「都構想の終結」へ、保守層含む広い共同
(維新)「一党一派」で反対の声や異論を排除

 

  

 

[PDF] 明るい民主府政 No.854 2019年4月3日 1面
[PDF] 明るい民主府政 No.854 2019年4月3日 2面

明るい民主府政853号 都構想終結で成長をわかちあえる大阪を

都構想終結で 成長をわかちあえる大阪を


【1面】

都構想終結で
成長をわかちあえる大阪を
元副知事の訴えから
・府政・市政投げだし暴挙に大きな怒り
・目の前の府政課題に全力をつくす
・「都構想」には終止符を
・大阪府・市、本来の姿をよみがえらせる

・元副知事の約束から
カジノより暮らし・防災・子育て支援を


【2面】

 

中身もやり方も おかしくありませんか 都構想

 

1 大阪市はなくなりバラバラに
2 ムダが増えます
3 住民サービスは削られます
4 狙いはカジノです
5 府下市町村にも重大影響
密約・紛糾の果てに-府・市政を投げだして

 

  

[PDF] 『明るい民主府政』2019年3月27日853号1面

[PDF] 『明るい民主府政』2019年3月27日853号2面

明るい民主府政 第852号 2019年3月24日

【1面】

2019 OSAKA Change!
維新政治を変えて くらしに安心・希望を

くらし医療が変わる
教育が変わる
カジノを止める
いのちを守る自治体がよみがえる

 

【2面】

明るい会は呼びかけます!
くらし第1の府政への願いを 元副知事へ

 

・都構想を終わらせよう
・大阪府はこうあるべき
・都構想No! 維新政治転換へ

 

・間違った方向を良しとせず、気骨ある元副知事へ
  元大阪市長 平松邦夫氏

  

[PDF] 明るい民主府政 第852号 2019年3月24日 1面
[PDF] 明るい民主府政 第852号 2019年3月24日 2面

よくする会機関紙 第421号 2019年3月20日 住吉市民病院

よくする会機関紙 第421号 2019年3月20日 住吉市民病院

【1面】

安心して子育てできるまちを 力をあわせてとりもどそう
やっぱりこの地域に 住吉市民病院が必要やった

住吉市民病院閉院から1年 住民の不安の声


【2面】
住吉市民病院跡地に
出産、子どもが入院できるベッドを取り戻せるチャンス
 松嶋三夫・住之江医師会長のお話
カジノより地域医療を最優先に
大阪都構想は断念を

 

  
[PDF] よくする会機関紙 第421号 2019年3月20日 1面
[PDF] よくする会機関紙 第421号 2019年3月20日 2面