大阪市をよくする会

カジノ実施法案に反対する大阪市民集会への呼びかけ

カジノ実施法案に反対する大阪市民集会への
呼びかけ

 

2018年6月5日

カジノ問題を考える大阪ネットワーク代表 桜田 照雄(阪南大学教授)

 

刑法が禁じる賭博場・カジノを解禁するカジノ実施法案(特定複合観光施設区域整備法案)の審議入りを自民・公明・維新が強行、今国会(会期末6月20日)で成立させるためなりふり構わぬ姿勢です。

 

 カジノ実施法案は、①違法なカジノを民営で解禁、②日本人客への「規制」として、入場料1回わずか6,000円、7日間のうち3日間の入場規制(しかし24時間営業で72時間入りびたり可能)、③ギャンブルの賭け金をカジノ業者が貸し付けることを可能にするなど、ギャンブル依存症の防止になんら実効性がないことは明らかです。しかも全国で三か所に設置などとしています。ギャンブル依存症を深刻化させないためには新たなギャンブル場をつくらないことこそ必要です。

 

 ギャンブル依存症や犯罪の増加、青少年の健全育成などへの懸念があるなか、どの世論調査でもカジノ実施法案が今国会で成立することに反対が圧倒的多数です。

 

 また、大阪でのカジノの誘致先とされている人工島・夢洲は、①地震・津波で甚大な被害予想、②少なくとも10年先まで使用可能な廃棄物最終処分場が無くなり新しい最終処分場建設に莫大な費用がかさむ、③夢洲までの交通アクセスに巨額の費用がかかる。などの問題点が明らかになっています。

 

 私たちは、百害あって一利なしのカジノ実施法案を廃案にすること、健全な経済対策の推進を強く求めるため、会期末に大阪市民による法案反対の意思を示す集会・パレードを下記のように行います。多くのみなさんの参加を呼びかけます。

カジノ実施法案に反対する大阪市民集会&パレード

 

日  時 2018年6月18日(月)午後6時30分開会

場  所 此花区西九条西公園(西九条駅から徒歩5分・クレオ大阪西前)

パレード 午後7時出発

  此花区西九条西公園から ⇒ 西九条駅 ⇒ 千鳥橋 ⇒ 梅香東公園(解散)

 

事務局担当(大阪市をよくする会事務局次長 中山直和)

連絡先 06‐6357-6139 

 

[PDF]カジノ実施法案に反対する大阪市民集会・パレードの案内